おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

カテゴリー「自転車」の16件の記事

2015年1月19日 (月)

Ingressエージェントの力で自転車ドロも御用!?

このたびは、情報拡散をいただいたり、コメントをいただき本当にありがとうございました。

まるでドラマか警察24時みたい・・・



前記事でUPした友人の自転車盗難の件、理想の展開で一気に解決した。

→前記事 【拡散希望】 友人のロードバイクが盗難された

キーワードは「Ingress エージェントの目」

今回盗まれた自転車が見つかり、容疑者も分かった顛末をご紹介したいと思う。



続きを読む "Ingressエージェントの力で自転車ドロも御用!?" »

2015年1月16日 (金)

【拡散希望】 友人のロードバイクが盗難された

12日の夜、文具&ノートつながりの友人の自転車が盗難に遭った。

この情報はFBやTwitter、Google+などのSNSも使い拡散&情報提供をお願いしているところ。

見つかるきっかけになればとの思い。

以下、詳細情報。



続きを読む "【拡散希望】 友人のロードバイクが盗難された" »

2015年1月 9日 (金)

2015 あけました

2015_2

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

皆さま、今年もよろしくお願いいたします。



新年初のブログ更新、ちょっとした抱負を書いてみようと思う。


今年は5つ

・「好き」から逃げない

・猫写真を頑張る

・落ち着く

・スポーツに親しむ

・食生活改善



続きを読む "2015 あけました" »

2013年12月 9日 (月)

10ヶ月ぶりの自転車 

今回のブランクは長かった。

自転車に乗って道路を走ったのは実に10か月ぶり。

で、「やっぱり気持ちがいい!」と言う結果にw


Img_13712


随分太ってしまって、サイクルジャージがぱっつぱつになってしまっていた。

続きを読む "10ヶ月ぶりの自転車 " »

2013年11月25日 (月)

初めての猫カフェ撮影

最近、時間があればとにかく猫を撮っている。

何故?と言われたら、猫を撮るのが気持ちがいいから、楽しいから。

この土日も猫三昧だった。

Dsc_14934

続きを読む "初めての猫カフェ撮影" »

2012年7月 5日 (木)

祝!新城幸也選手 敢闘賞獲得! Tour de France 2012

とむとむです。

ついにこの日がやってきました。

世界最大の自転車レース Tour de France の表彰台に、日本人が立ちました!

新城幸也選手が昨日のツールの第4ステージで敢闘賞を獲得したのです。

続きを読む "祝!新城幸也選手 敢闘賞獲得! Tour de France 2012" »

2011年11月24日 (木)

不動峠に散る

昨日は久しぶりに自転車でのロングライド。
職場の先輩と、先輩のトライアスロン仲間の方といつものように筑波山を目指す。

走行ログはこちら

8月以来なので大きなブランク。
先日ジョグで(たった7km)痛めた膝にやや不安はあったもの、
痛みは全くなかったので大丈夫だと思っていた。
しかしこれが後で大きな誤算を生むとは・・・

最初の集合は江戸川と利根運河の合流地点。ここまで20km。全く問題なし。
先輩と合流したのち、先輩のトラ仲間の方との合流地点の守谷へ利根運河経由で向かう。
守谷で35km、身体も十分温まり、段々調子が上がってくる。

3人でのローテーション、小貝川を経由して不動峠へ。
この時点で約80km。
3人だったから楽できたはずなのに、なぜかすでに脚がガクガク。
ブランクの恐ろしさを実感。

結局不動峠では何にも出来なかった。足着かなかっただけ、止まらなかっただけと言うだけ。
タイムも減量する前とほとんど変わらない28分を超えるアホみたいなタイム。
予想以上にひどかった・・・

とりあえず裏不動に下って、いつもの「ミッドクリークカフェ」にて食事。
この時点で2400kcalを消費していたので、調子に乗ってステーキ丼を食す。

Photo

お友達のしげさんから、「がっつり食いすぎると胃に血が回って足に必要な血液とられるよ」とは言われていたけど、これも楽しみの一つだったので食欲を満たすほうにシフト。
でもこれも失敗の一つだったのかもしれない・・・

裏不動をのぼって、来た道を折り返す。

帰り道は予想されていた向かい風もなく快調のはずだった。
ところが、と言うか、やはりと言うか。
ブランクあけて怠けきった身体は悲鳴を上げ始める。

脚が痙攣を始めるは、大丈夫だと思っていた膝は曲がらなくなってくるはで
へろへろでゆっくり引いてもらいながら帰路に。

最悪守谷からごみ袋輪行も考えたが、大利根橋から柏の街の灯が見えて少し元気を取り戻し、何とか自走で帰ってくることが出来た。

やっぱり自転車は疲れもするけど楽しいことを再確認。
最近は文化部の活動が生活の大半を占めていたけど、バランスが大切だw
また楽しく走れるように、鍛えなおしていこうと思う。

そうそう、トライアスロンのためのスイムの練習はスポーツクラブを変えることで対応しようと言う気持ちになってきた。
いい加減停滞しているわけにはいかない。

とりあえず今日は、壊れた膝の治療に整形外科へ行って来る。

走行距離 159.51 km
走行時間 7:12:38
総時間 11:22:47

平均時速 22.12km/h
最高時速 38.51km/h

平均心拍 133bpm
最高心拍 172bpm
消費カロリー4485kcal


2011年9月 1日 (木)

うまいウマイ旨い美味い、超美味い!!(讃岐うどんライド その②)

前回からの続き・・・

8/22(月)8:30 先輩が坂出に到着、合流。いよいよ讃岐うどんライドのスタートだ。

先輩は前日に愛媛県で行われた中島トライアスロンに参加、千葉から帰省の際には憧れの「しまなみ海道」もサイクリングしており、この夏休みは僕なんかよりもずっとバイクライフが充実しているw

058
「バイクを組み立ていざ出発」

まず向かう先は坂出の名店「なかむらうどん」
駅前でルートを確認していると、観光協会のおじさんがサイクリングマップをくれた。
これがなかなか優れた地図で、自転車の乗り入れができないところや、観光名所、
もちろんうどん屋さんの所在地まで詳しく記されている。

消費カロリーがうどん○杯と表記されていたのは洒落も効いていてウケたw

067
「役立ったサイクリングマップ」

駅から7.1km、讃岐富士に見守られながらあっという間に「なかむらうどん」に。
さっそく行列ができている。

059  060_2
「なかむらうどん この価格にはびっくり!」

先輩の話だと、午前中で売り切れになってしまうのだそうだ。
ちょうどフォロワーさんからも、讃岐うどんめぐりは午前中に済ませた方がいいですよとの情報を頂く。

それも納得。次から次へとお客さんがやってくる。
回転は速い速い、店内に入るとセルフサービス式のテレビで見たまんまの光景が。

0632 0622
「おいしいお水をじゃんじゃん使うのもポイント?」

ちょうど自分の前でうどんがなくなってしまったので茹で上がりを待つことに。
それでもそんなに待たされることなく、お目当てにありつけた。

先輩は温かけうどん、僕は冷かけうどん。
これから件数をこなすために、トッピングは薬味のみ
シンプルかつ、お店によって違う、うどんの味を楽しむにはこれがベスト。

0642
「冷かけうどん150円なり。信じられない美味さ!」

一軒目からびっくり。とにかく美味しい。これで150円???
先輩に教えてもらったこのお店の特徴は「コシが強くない」こと
とは言え、普段職場の食堂で食べるうどんなんかよりもよっぽどしっかりしてるw
あっという間に食べ終えて2軒目へ出発。

次はここから12km先の「山越うどん」
釜玉うどんが美味で、こちらも行列店。
お店の近くまで行けば長い行列が目印になるくらいだとか。

聞けば映画「UDON」にも登場し、「水曜どうでしょう」でも必ず訪れる名店とのこと。いやがおうにも期待が高まるではないかっ!

30分そこらで到着。
しかし様子がおかしい・・・だぁれもいない・・・

066
「な、なんと臨時休業!」

残念なことにお休み・・・
ここの釜玉は絶品だと道中聞かされていた為に(´・ω・`)ショボーン
まぁこんなこともあるから旅は楽しw

気持ちを奮い起してw3軒目へ向かう。今度は16.5km先。
日差しが徐々に強くなっていく。
雨が降らなかったのは幸いだが、四国の日差しは噂通りでなかなか強い。
水がどんどんなくなっていく。

そろそろ補給かなぁってタイミングで着いたのが「あたりや」さん

このうどんライド、ちょうど喉が渇いたりお腹が落ち着いたあたりで次のお店に行けるのがなんともよかった。
エネルギーもミネラルも水分もうどんだけで補給できちゃうんだよねw
サイクリングとうどんの相性は抜群!!

070 068

「冷あつうどんを頂く」

「あたりや」さんでは冷あつうどんがオススメとのことで、迷わず注文。
冷あつは水で締めた冷たいうどんにあつあつのお出汁がかかっているもの。
一度締めただけあって、讃岐うどんのコシを堪能できる。
結構待つんだなぁと思っていたら、注文が入ってから麺を切ったりしている様子。
打ちたて、出来立てを頂けるなんて贅沢~!

本当にシンプルなかけうどんなのに、お店によって味が違う。
ここでも新鮮な感動を味わうことができた。

続いては10km先の「わら家(わらや)」さんへ。
目指すは屋島。
そう、あの那須与一の屋島、ヤシマ作戦の屋島だ!
ペダルを回しながら脳内iPodからはEVAのBGMが高らかにw
パン パン パカパン パパンパン パンパ~ン!

自転車通行禁止の屋島ドライブウェイの入り口にあるお店まではスコ~ンと上ってる。
すげぇ斜度と思い、登りながらデジカメで撮ったはいいが、
なんとカメラがケースに収まらずにみるみる失速、もう少しで立ちごけするぅ~!ってところでカメラが収まりダンシングで息を吹き返すw

お店は古民家のような作りで趣が。お店の名前の通り藁葺きの屋根だ。

073
「釜揚げうどん、でっかい徳利にはアッツアツのお出汁が!」

こちらのおすすめは釜揚げうどん。
写真の大きな徳利に入ったアッツアツのお出汁は、醤油が効いていて、汗をかいた身体に塩分が沁み渡るw

ボリュームがあったので、ちょっとお腹が苦しくなり始めたけどこちらもぺろりと平らげた。

さぁ、いよいよ最後のお店「うどん本陣山田家本店」へ。こちらは3.5km。
お腹がこなれるには距離が短いけど・・・

山田家さんへも、上りが待っていた。お、お腹が重い・・・

お店は立派な作りで、わら家さんとはまた違った風情が。
時間はちょうどお昼時、お客さんも多い。

077 079 
「建物は登録有形文化財に指定されている」

こちらのお勧めは「ぶっかけざるうどん」
結構お腹がいっぱいだったから心配だったのだけれど・・・

083
「絶品!ぶっかけざるうどん」

薬味を入れて、だし醤油かけて、すだちをキリッと絞ったらかき混ぜて
いっただきま~す!

085
「文句なしに美味い!!」


お腹いっぱいだったのに・・・食べられる!
こんなに美味しいうどんを食べたのは生まれて初めて!
麺のつや、コシ、のどごし、すべてが気持ち良い。
自分の持ってたうどんの物差しが完全に変わった瞬間だった。
本物の持つ力ってやつか、これが。やっぱりいいもんだよなぁ・・・

たったの560円ってのが信じられない。
先輩とも話したのだけど、この味なら都内だと700円とられてもお金出すよね。
下手すると1200円とられるかもしれないけど、これなら食べるよね。ってこと。

うどんめぐりのシメを飾るには最高の形で終えることができた。

うどんを満喫した僕らは、ちょいと高松観光を楽しむことに。
山田家さんから、軽くヒルクライムして八栗寺へ。
こちらは四国88カ所の一つ、軽く身が引き締まる思い。
ケーブルカーを使い山を登った先には、厳かな雰囲気のお寺が。

1122
「ケーブルカーはとってもレトロで可愛かった」

陳腐な表現かもしれないけど、まさにパワースポットという感じ。
僕の名前は、弘法大師の「弘」にあやかったと言う話を思い出す。余計に不思議な感覚になる。
ただ、その名前に込められた期待を裏切り続けているのではあるけれど・・・

0962
「八栗寺」

102
「八栗寺からの高松市街」

八栗寺の展望台から見渡す高松の景色はとても美しかった。
天気が曇っていたのが残念だったけれど、心が洗われる気分。

パワースポットで充電したら、いよいよ帰路へ。
ぐるっとサイクリングして温泉に浸かったら晩御飯が待ってるw

屋島周辺のアップダウンはスピード上げて上る練習にはうってつけなんじゃないか?と思うほど、いい道だった。
車は少なく、だらだらいい感じで登ってる。木々の切れ間からは海が見えて景色も申し分ない。

高松市街に入ってからは交通量が多く、さすがに思い通りに進まなかったりもあったが、無事目的地の温泉に到着。

117
「高松ぽかぽか温泉」

ここの値段にもびっくりした。天然温泉かけ流しで360円!!
さっぱりと汗を流したら、高松駅を目指す。

駅前広場の地下の駐輪場に自転車を止めたら。
いよいよ楽しみにしていた晩御飯へ。

高松では知らない人がいないと言われる、骨付鳥で有名な「一鶴」さん。
こちらも映画「UDON」に出ていたとのことで、先輩曰く、「絶対に美味いよ!」
ボリュームをみて一瞬いつもの節制のクセでたじろいだが、この日はたんぱく質ほとんど摂らずに、うどんだけだったので、スイッチを切り替えるw

「食うぞ!!!」

ひな鳥を注文。出てきた出てきた骨付鳥。

1252
「一鶴名物 骨付鳥」

ピリ辛に味付けされ、パリパリに焼かれた皮目は香ばしく、
ひな鳥特有の柔らかい肉は、かぶりつくと旨みのある肉汁があふれ出す。
じゅ、じゅわ~~~ん!

「う、うんめぇ~~~~~~~~~~~!」
二人して大興奮だったw
この日自分はノンアルコールビールで気分だけ味わったが、お酒好きの人にはたまらない味だと思う。

滴る油と肉汁はしっかりと皿で受け止める。
これにもちゃあんと楽しみが・・・

おにぎりとキャベツを浸して食べるのだ。

「こ、これも、うんめぇ~~~~~~~~~~~~!」

関東にも進出してほしいよね!なんて言ってたら、
お店の方から、横浜にも支店があることを教えてもらう。
もし、お近くの人がいたら是非!ほんとにオススメ!

大満足の夕食でお腹もいっぱい。

時計を見ると20:30になろうかというところ。
東京へ戻るサンライズ瀬戸号は21:30には出発。いそいそと準備をして高松駅へ。

131 132 
133
「さぁ、いよいよ東京へ」

電車が出発してからも、妙にテンションあがったまんまで、
ツイキャスでモレスキナーの方々とお話したりしてなかなか寝付けなかったけど
2:00前後にはさすがに疲れも出てきて、うとうと(-.-)zZ

伊豆方面の大雨で、50分近く電車が遅れるトラブルがあったものの
お昼前には自宅に到着~。

駆け足だった高松うどんライドもひとまずは終了。
あとは、この旅の記録をモレスキンに残す作業も残ってるw
これが終わって完全におしまいと言えるのかな?

旅を振り返りながらノートを書く面白さ、また新しい楽しみも見つけることができた。

今年はここ数年でも一番の、充実した夏休みが過ごせたと思う。

夜行列車の旅にはさらに興味が湧いた。
次は、北斗星で北海道への旅が出来たら最高だろうなぁ・・・

今回の坂出~高松の讃岐うどんライドでの移動データは
こちらをご参考に→: http://j.mp/nSjVuo

2011年8月29日 (月)

夜行列車とモレスキン(讃岐うどんライド その①)

熊本への帰省から1週間もたたない8/21(日)、再び僕は旅に出た。

職場の先輩に誘われて、讃岐うどんを食べながらのサイクリングするために・・・
今度は飛行機ではなく夜行列車「サンライズ瀬戸」に乗って香川県へ行ってきた。

夜行列車に乗るのは人生初!
しかし、実家から帰ってきて、なんだか気分が落ち込んでいて、
実は荷物をパッキングしながらも行くかどうするか微妙な気持ちだった。

なんとか気持ちを奮い起こして、最寄駅へ。
自転車を輪行バッグに詰めたところでようやくテンションが上向きにw

001
「輪行バッグに収納~」

東京駅に着いた時にはかるーく興奮w
わくわく、どきどき

004
「東京駅22:00発 サンライズ瀬戸号」

入線は結構ギリギリと聞いていたけれど、ほんとに来たのは21:40過ぎくらい
写真撮ったりしたらあっという間に出発になる。

009
「来ました~!」

座席を確認して、自転車を置いたら、いそいそと記念写真を撮りにw
中もホテルのようにきれいな列車だ。ますますワクワク。

0202 022_2
「車内の通路はこんな感じ、2段ベッドの上段は窓も大きく見晴しはよい」

鉄道に興味のある人の気持ちがなんとなく分かる気がした。
ってか、自分、きっと、鉄ヲタになる素質が十分にあると確信した・・・

011
「座席は2段ベッドのシングルツイン、下のベッドに自転車を置く」

018
「サンライズ瀬戸号と記念写真!!」

列車の中で駅弁を食べるのが旅のロマン!と思ってるオイラは、22:00の出発までお腹を空かせて、スープをすすったくらい。

いよいよ出発!おもむろに駅弁をあけパクパクw

025
「幕の内弁当775kcal」

ロマンですなぁ~、と満足しながらも食べ終わったら早速ストイックモレスキンにカロリーを書き込む。

厚みのある手帳を持っていくのはためらいもしたけれども、やっぱりないと不安になるので今回の旅にもお供に連れてきた。
ちなみにこのほかには、カイエのポケット、お出かけ記録用スヌーピーモレポケプレーン、トラベラーズノートをリュックに。

食事の後ラウンジ車両にて、モレスキン、トラベラーズノートと向き合う時間はなんとも贅沢・・・・なはずだった。
というのも、新幹線とは違う在来線だから揺れる揺れる。
書こうとするとミミズが這いそうになってしまうのだw

それでもなんとか熊本での旅行記を進めたり、おでかけ記録の未記入分を追加したりとノートとの時間を楽しむことができた。
ツィッターも結構書き込んだ、これは後からノートをまとめたりするときの振り返りにも使える。

デジタルのつぶやきをアナログのノートに書き込むのは二度手間じゃないかと思う人もいるかもしれないけれど、
やっぱり改めて書くことで、その時の感情を反芻することもできて、新たな視点が生まれることもある。

今の感情ももちろん大切なんだけど、ちょっと振り返った時に生まれる感情との差が面白いなと最近は思ったりするのだ。
そんなせいで、僕のノートは遅々として進まなかったりする・・・

031_2 029
「車窓とモレスキン、トラベラーズノートはよく似合う」

ラウンジでくつろいでいると、隣の方には若い女性が二人、「鉄道の旅プランノート」なるものを見ながら旅行計画について話している。
へぇ~あんなノートもあるんだ!とついつい視線がむかってしまうr(^ω^*)))

このあたりでもう0:00近かっただろうか、そろそろ睡魔が。
しかし思うように寝れずに、結局記憶がなくなったのは1:30くらいから。
(´△`)Zzzz・・・。o○

ようやく眠れたと思ったのだが、なんと4:00前後、京都を過ぎたあたりで目が覚めてしまう。
きっとね、前日に30時間以上行われていた関西モレスキンミーティングの熱気が残っていたんだと思う。
そうじゃないと説明つかないもんw

関西で開催予定のSWモレミには体調万全で乗り込まないと!と決意を新たにした次第w

ここからはうとうとしながら、なぁんとなく起きていた感じ。
おかげで岡山でのサンライズ瀬戸とサンライズ出雲の切り離し作業を見ることができた。
そう、このサンライズ瀬戸号は岡山で出雲行の列車と分かれるのだ。
今度は出雲の方にも行ってみたいなぁ・・・
縁結びのご利益のある出雲大社は行ってみないとw

043
「サンライズ瀬戸号・出雲号切り離し」

岡山を出てからは、瀬戸内海が眼前に広がる大パノラマが待っていた。
オーシャンビューを満喫しながら食べる朝食のおにぎりは格別W

046047_2
「晴れていたらもっときれいだったんだろうなぁ~」

目的地の坂出には7:00過ぎに到着。
先輩との待ち合わせまでは1時間ほど余裕が。
残りのおにぎりを食べて、駅のベンチでしばし仮眠を取ったzzz

前日の天気予報では雨だったが、なんとか空模様は大丈夫そう。
雲が立ち込めてはいたが、雨がすぐに降りそうな気配ではない様子。
先輩が8:30くらいに到着、さていよいよ「讃岐うどんライド」の始まりだ!

この東京~坂出間のサンライズ瀬戸号での移動データは
こちらをご参考に→: http://j.mp/o290iG

「讃岐うどんライド その②につづく」

2011年8月 4日 (木)

久しぶりの筑波練 松戸~筑波 初めての自走176km

昨日は職場の先輩と、実に3か月ぶりに筑波への自転車練習。

昨年10月より月一が定例になっていたが、5月にツール・ド・さくらがわで落車してからは怪我の完治を待ったり、タイミングが合わなかったりでここのところ行けなかったのだ。

そして今回は初めて自宅から筑波までの自走となった。
これまでは先輩の住む守谷まで輪行し、先輩の家で一泊してから翌日の朝出発と言うパターンだったのだが、7月に先輩が江戸川台に引っ越しをしたので、「利根運河」で待ち合わせと言うことに。

自宅のある松戸から利根運河までは江戸川CR経由で約20km、利根運河から守谷までが約20kmの計40km。
今までなら全行程で120km前後だったのでこれにプラスされる形、160kmを超えるロングライドに。これは僕にとって未知の距離だ。これまでは150km最長距離だった。

そんな記念すべき日?に、またまたポカをやらかした。

なんとヘルメットを被り忘れたのだ。

これまでにやらかしたのは、冬なのに保温タイツを忘れる、ビンディングシューズを忘れスニーカーで練習といったもの。

なんでヘルメットを・・・たぶん、汗止めのインナーキャップを被っていたために、頭に乗っかってる感覚があったから忘れてしまったんだな・・・

気付いた時にはもう引き返せない距離まで来ていた。
不安を抱えながらも、先輩と合流しスタート。さすがに呆れられてしまった。

風もなく日差しも雲に遮られ真夏とは思えないほどの涼しいコンディション。
ロングライドには最高の条件の中、一路筑波、不動峠へ。
いつものように守谷からは小貝川CR経由。

快調に進み不動峠の麓、平沢官衙遺跡に着いた時にはすでに80kmだった。
いつもなら守谷~不動峠~風返峠を終わったくらいの距離。
ヘタレにとってはこれから峠道を上るのは気が遠くなるw

今回は不動を越えたらいつものカフェで食事をとり、風返しには抜けず裏不動を上って引き返すことにした。

5月のタイムアタックでは0:16:47を記録したが、さすがにこれを更新するのは厳しそう。
先輩も週末のトレイルランニングのダメージが残ってるとのことで、ぼちぼち上りましょうと言うことに。

Tukuba0805

んで、いざ登り始めると、ん?ちょっと頑張れる?
ただそれは勘違いだとすぐに判明。しばらく来ていないと勘が相当鈍ってる。
攻められる区間でスピードが乗せられない。
ダンシングをするも自重を使った休憩ダンシングばっかり、やはり疲労があったのだ。

いつもよりとても長く感じた。
コーナーを抜けても抜けても辿りつかない感覚。

最後の10%勾配は25Tでよろよろと上る体たらく。
タイム見ると0:19:20 う、遅すぎ・・・
自走派の人は僕らより長い距離を乗ってきたうえで不動にアタックかけて13分台とか出てる人たちが多い。
ちょっとその域に達する事はないだろうなぁ・・・

一休みしていつものミッドクリークカフェで昼食。

この日のランチはお気に入りのシャモ丼がなかったので、もち豚ステーキに。
久しぶりのがっつりお肉、うまいうまい。

Tukuba08052

食事を終えたら、初めての裏不動上りへ。
路が悪いのは承知の上だが、スピードが出ないとあの段差で勢いをそがれる。
終始へろへろで上る。

もう、ただただ上るだけで裏不動を終え、帰路へ。
雨がパラついてきた。先輩の話だと、取手や流山あたりは降り出しているらしい・・・

濡れるのやだなぁと思ってはいたが、思いのほかどしゃ降りになることなく
うまい具合にルート上からはそれてくれたみたいで、身体をいい感じに冷やしてくれる程度の雨だった。

帰り道も追い風基調で疲れた脚を絶妙にアシストしてくれる。

脚が一度も攣ることなく、176kmを無事終了。
帰宅したのは18:00前だった。

今回は初めての体験から、得られたものも大きかった。
距離に対する不安はだいぶなくなったし、体力の向上を実感することもできた。

改善点は、フォロワーさんからも指摘されたけど、「食べ過ぎ」
少ない補給でも動く身体にできるようにしないといけない。
せっかく4356kcalも消費したのに、食事や補給食で4100kcal超えていた・・・
これじゃ意味がない。

あと、距離をこなした後でも峠を上れるようにすること。
これは徐々に自走での練習の機会を作って慣らしていくしかないかな。
166cmで64kgはやっぱり重い。痩せれば上りも楽になる。

まだ今のところ、昨日の疲労感は心地よいレベル。明日になるとひどいかもしれないけど・・・
太ももの内側とハムストリングスが張ってる感じ。
以前はふくらはぎと太ももの前側だけが異様に疲労して歩けなかったから、多少は成長してるみたい。
初めての176kmだったけど、ゆっくりなら200kmも大丈夫な気がしてきた。

今夏は自転車に乗れる機会がたくさん。
去年の今頃はベッドの上だったことを考えると、ここまで回復してきたことに、周りの人の支えに本当に感謝したい。

次に自転車に乗るのは、帰省先の熊本かな。
出来れば、阿蘇の方にも足を延ばしてみたいなぁ・・・
熊本から戻ってきたら、先輩と一緒に夜行列車「サンライズ瀬戸」を使って輪行、高松にてうどんライドを行う予定!

たのしみたのしみ。