おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

カテゴリー「おすすめサイト」の6件の記事

2015年9月 9日 (水)

猫の写真展に参加します。( 横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク~)

今年は猫写真に力を入れていきたい、そう年初の目標に掲げていた。

作品を増やすことだけでなく、発表も出来ればと考えていたところ、

以前通っていた猫写真教室の方からお誘いを受け、写真展に参加させていただくことになった。


11月17日(火)~23日(月・祝)に横浜の赤レンガ倉庫で開催される、

「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展  ~今を生きる猫たちのキロク・キオク~」

こちらに 「猫のチカラ」  と言うグループで展示をさせていただく。

Img_0145

大きな場所に展示させていただくのは初めての経験だ。

集まる作品も多く、個々の展示スペースも大きいため、ここは気合を入れていきたいところ。

出展される作家の方々が本当に豪華で、素晴らしい作品に出会えるのは間違いない。

良い刺激を受けるのが本当に楽しみ。

猫好き、写真好きの方は注目ですよ~!!



続きを読む "猫の写真展に参加します。( 横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク~)" »

2015年3月12日 (木)

単焦点コンデジでの猫撮影は距離感が好き。

ねこもふが出来ないので過去の猫写真をつらつらと見返していた。

せっかくCP+で猫写真撮影について良い話を聞けたのに実践できる時間が作れていない・・・

悶々とする・・・



昨日の記事でも書いたが、写欲がとても高まってきている。



そんな折、ふとGRブログを覗いたら、名物のトラックバック企画のテーマがドンぴしゃ。

今回の記事で久々にGRブログのトラックバック企画 「猫(パート2)」に参加したいと思う。



続きを読む "単焦点コンデジでの猫撮影は距離感が好き。" »

2015年1月13日 (火)

第60回 松戸七草マラソン公式記録 発表されてるよ

11日に行われた第60回松戸七草マラソンの公式結果。

松戸市のHPではまだ発表されていないようだが、

計測を担当したニシスポーツさんのHPで公開されていたのでリンクをシェアしておく。



続きを読む "第60回 松戸七草マラソン公式記録 発表されてるよ" »

2014年4月17日 (木)

note 始めて1週間 これnotebookとよく似てる

「わさもん」

熊本弁で熊本人の気質を表す言葉の一つ。

新し物好き、と言う意味だ。(早生者がなまったのが語源らしい)



とりあえず面白そうなものには飛びつく。

そんな性分にここ数年は拍車がかかっているように思う。



Twitterの方は最近ご無沙汰で、ニュースやインスタグラムの共有くらいにしか使っておらず、

フォロワーさんとのやり取りもTLを追うことも頻度が減った。

ちょうど猫写真教室の卒展も控え、

趣味の猫写真をもう少し観てもらえる機会を増やせたらなぁ・・・

そういう思いが大きくなってもいた。



そのようなタイミングで知ったのが 「note  つくる、つながる、とどける」 だ。


続きを読む "note 始めて1週間 これnotebookとよく似てる" »

2012年1月31日 (火)

Cafe Bon Voyage

とむとむです。

先日こんなグッズを手に入れました。



スミソニアン博物館のアートバッグ
スミソニアン博物館のボールペン
世界の猫付箋 イタリア&チェコ
スウェーデンの使用済み切手4枚

ちょっと海外旅行にでも行った気分になっちゃいました。

こちらのグッズを購入したのは、1/20(金)にOPENしたばかりの
“旅を感じる雑貨とステーショナリーのお店”  「Cafe Bon Voyage」さん
お店のTwitter IDはこちら→@cbv_s

こちらはネットショップのお店になるのですが、
品ぞろえはノートブッカーならきっとツボな商品がずらりです。

ラインナップは、以下の通り
ステッカー
海外切手 未使用
海外切手 使用済み
ポストカード
グリーティングカード
レターセット/封筒
付箋
ペーパーバッグ
ノート/スケジュール帳
ペンいろいろ
雑貨
アジアン雑貨
エアライングッズ
iPhoneボタンシール
蚤の市(アウトレット)

サイト内をめぐるだけでも、海外のお土産屋さんをウィンドーショッピングしてるみたいで
とても楽しい気持ちになってしまいます。

ではでは、今回僕が購入した商品を改めてご紹介しますね。

スミソニアン博物館のアートバッグ



ナンバープレートをモチーフにしたアートバックです



憧れの博物館のグッズ、いつか行ってみたいなぁ



ナイロンの一枚生地では無くて、裏地も耐水性のものが使用されている様子。
便利な小物入れもついています。
底も取り外しできるプレートが入っているためにしっかりしており自立が可能。

お出かけのサブバッグにもってこいな感じです。

つづいて、同じくスミソニアン博物館のボールペン



軸には地球についての説明文が記載されていました。

The 3rd planet from the sun at a mean distance of 93 million miles.
It is the 5th largest planet in our solar system.



ノック部に付いているこの地球儀に一目ぼれしてしまったのです。
う~むGRDⅣのマクロ機能すごいな・・・



どうやらイタリア製らしいです。

3~4品目、世界の猫付箋 チェコ&イタリア


左がチェコ、右がイタリア街並みの部分が付箋になっています。
こちらの商品、にゃんこの可愛さにメロメロで速攻でポチりましたw



チェコのにゃんこ ラブラブでうらやましいにゃあw



イタリアのにゃんこ ぼんじょるの~!


さてさて5品目です。 スウェーデンの使用済み切手


北欧系のものは僕も好き。
今、夢中になって読んでいるスティーグ・ラーソンの「ミレニアム」
スウェーデンが舞台となっていることもあり、
小物で雰囲気を身近に感じたくなったのです。



左上  スウェディッシュポップのイメージで一番好きかも。可愛いです。
右上   最初分からなかったけど・・・う、牛だっ!
左下 レトロな感じ、よくよく見ると何かの動物を解体してるみたい・・・
右下 キツツキの赤と北欧を連想させる鮮やかな青が印象的な一枚
つつかれた部分の文字が 散らばってるのが面白いですね。


おまけ



サービスでお店のステッカーが同封されていました。
モレスキンにもトラベラーズノートにもどちらにも似合いそうです。
どっちに貼ろうかなぁ?

今ならオープン記念でこちらのステッカーは注文した際に 1枚のみ、
無料でつけてもらうことができるようです。詳しくはこちら


最後に



ポストカードとともに店主さんから直筆メッセージも添えられていました。




世界各地のステキが集まるお店、ますますワクワクしますね!
嬉しい心づかいの 「Cafe Bon Voyage」さん、一気にファンになってしまいました。
お店のブログもありますよ→http://cbv.jugem.jp/


今回の品物が届いてまだ2日あまりですが、
実は本日早速、次のアイテムを注文してしまいました。

品物が届いたら、こちらでもご紹介ができたらと思っています。
ではでは、またの機会に。とむとむでした。

今回の記事はこちらにも投稿しています
バナーを↓をクリック。

2012年1月23日 (月)

祝!Notebookers.jp 開設!

ノートブック そのものよりもノートブックを使う人が面白い
このコンセプトのもと、産声を上げたサイトを今回はご紹介したい。

「Notebookers.jp」 はノートブック愛用者のサイト。2012/1/22 夜にオープンしたばかり。
モレスキンカウボーイことタカヤさん(@blanq)の呼びかけに賛同した
72名のライターの記事投稿により運営されるブログサイトだ。

「Notebookers.jp」のツィッターID @notebookersJP

ハッシュタグはこちら #notebookersjp


もちろんライターは全てがノートブックユーザーとなっている。

僕も今回ライターの一人として参加させていただくこととなった。
貴重な機会をいただけて本当にうれしい。
現在僕は、自己紹介を含めて3本ほど記事をUPしているので、
お時間のある方はご覧になっていただければと。

本ブログと違い、ノートブックとそれにまつわることのみに絞られている内容なので
こちらの時系列との違いで表に出なかったようなネタなどは「Notebookers.jp」のほうで
ご紹介することが出来るのではないかと思う。

すでに記事投稿数は500を超え、個性豊かなライターのノートブックへのこだわりが感じられる内容だ。
ノートブックのHow to にとどまらず、筆記に欠かせない文房具や愛用の一品なども盛りだくさん。
まさにコンセプト通りだが、ノートブックを通して見える人の面白さを楽しめるサイトになっていると思う。

またこのサイトから多くの方との交流につながることが出来るはず。
新たな世界の扉が開いたことが、今は楽しくて、嬉しくて仕方がない。

ブログのサブタイトル“How many miles to Notebookers.jp?”
閲覧者への問いかけだけでなく、僕らライターのスタンスも現していると思う。
まだまだ僕らも道半ばの旅人だ。

それぞれのライターの旅行記を紐解くように楽しんでいただけたら・・・
僕も微力ながらこの旅路の語り部として力添えが出来ればと思っている。

本ブログと合わせて今後とも、ぜひぜひよろしくお願いします。