おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« catrip ~ねこめぐり~ 久々の撮影 | トップページ | 2015 あけました »

2014年12月 9日 (火)

ほぼ日手帳 VS. モレスキン AERA12/15日号

ベタだけど。

「やっぱノート、手帳に書くのって面白いわ」、思わず口にしてしまった。

12/8 発売の雑誌「AERA」

今号の特集の一つ、「ほぼ日手帳 VS. モレスキン」を読んだ後の正直な感想だ。

20141215_2


【モレスキンは日々を重ね1冊の本になる】


今回ご縁があって、モレスキナリーのYOKOさんと一緒に当該記事の取材に協力をさせていただいた。

ノートについて話すのってやっぱり面白い、楽しい。

あの日は久し振りにノートトーク充出来た時間だった。

ついつい盛り上がりすぎて、「え?今の何の話?」みたいな空気になってしまうことも。



記事にもあったが、YOKOさんのおっしゃった「モレスキンは日々を重ね1冊の本になる」

この言葉はとても印象に残った。

そう・・・どこにもない自分だけのひとつの本。ハードカバーだと特にその印象が強くなる。



僕はと言えば・・・健康記録ノートをメインに取り上げて頂いた。

運動と食事の記録。書かない日が増えてもいるが、一応まだちゃんと使い続けているのだ。

やっぱり書いている期間は確実に体調が安定している。

おかげさまで血糖値は正常値の範囲内、コントロール出来ている状態だ。

過去4年のデータ、経験はひとつも無駄にはなっていない。



僕にとっての健康記録ノートは参考書に近い存在になってきたように思う。

何㎞走ればどのくらいのカロリーを消費するか、どんなものを食べたらカロリーはいくらか?

ちょっと開けば回答やヒントがそこにある。

Img_7436





【一応、新しいノートも・・・】


今年から新たに加えた1冊についても記事では少しだけご紹介いただいた。

好きな言葉、良かったこと、嬉しかったこと、愛してやまないもの、

そんなものをひっくるめた「今日の○」ノートだ。

こちらはデイリーダイアリーのポケットサイズを使用中。


Img_7439


石井ゆかりさんの毎日のおうし座の占いの言葉を最上段に記載し、

その後に1日を振り返っての「今日の○」を書いていく。



8月前半までは何となく、ひねり出す感じで書いている感覚が少なからずあったが、

後半以降は心境の変化とともに良い事が起こり始め、無理やり感と言うのはほぼ無くなった。



石井ゆかりさんの星占いはそれだけで「好きな言葉」になるので、

テーマである「今日の○」が自然と埋められるのも実は助かっている。

それ故、完全に空欄のページはこのデイリーダイアリーに関しては存在しない。

すべてのページに何かしら書かれている、この事は大きな精神安定剤だw

占いだけでも埋めておく、これが決まりと言ってもいいだろう。

無理なく楽しく続けられたのは緩いルールのおかげかもしれない。



このノート、今読み返してみるとかなり面白い。

占いの言葉と「今日の○」が9月以降はぴったりとハマってる出来事が増えているのだ。


・愛のきっかけを掴める感じの日(8月26日)→好きな人を意識し始めた

・知的な真剣勝負の愛の日(27日)→頑張ってコミュニケーションを取り始めた

・努力が周囲に認められる日(28日)→お誘いがうまくいった

・作業やアクションがぴたっと“はまる”感じの日(29日)→こちらの提案を喜んでもらえた

・耐熱性グラタン皿。手間暇かかった感触.(30日)→会える日取り、場所も決まった。

・宣言(31日)→親友に報告

・愛ある反応の日(9月1日)→会えることを楽しみにしてる旨のメールをもらう。

・ねちっこい面白さのある日(9月2日)→食事をしながらお互いの好きな話をしてたら共通点いろいろ発見


・おうし座はトキメキの日(9月22日)→お互いの気持ちを確認、交際が始まる。

見事に嬉しい出来事が立て続けに起きたのだ。





【使うノートが増え、自分と向き合う時間が増えた】


去年と変化した部分のひとつがこれ。

今までは、健康記録以外だとお出かけの記録や雑記だけで終わっていたモレスキンの使い方。

1月からデイリーを使い始め、8か月かかってギアが噛み合い、上手く回り始めたと言ったところだろうか。

動きが出てくるまで時間がかかった感もあるが、劇的な変化ではなく、じっくりと言うのが、

自然で無理がなく心地よい。



「今年は自分の好きなことから逃げない」 を、ささやかな目標にしていたが、

それを形にするうえでも小さな日々の良い事を拾い上げて行きたかった。

自分の中に好きなこと、良かったことの貯金をした感じだ。

己を変えられるのは自分だけ。

「成功の秘訣は断固として決意にある」 これを改めて実感した。




【デジタルとの合わせ技、補足】


今回の記事ではモレスキンノートとデジタルとの合わせ技も紹介されているが、

軽く触れられていたQRコードを使用した僕の使用法を補足したいと思う。



ノートに貼られたQRコード、これらのリンク先は様々だ。

ブログのURLだったり、貼りきれなかった写真をUPしたWEBアルバム、

Google Driveに保存した動画への入り口となっている。



特に、ノート上で音や映像は再現できない。

ここでスマホの登場だ、貼り付けたQRコードを読み込めば動画ファイルが再生される。

ノートに書いた出来事を読み返し、その音と映像を記録できた動画を見る。

より思い出を楽しめるため、旅行などに行った際の記録には本当におススメだ。




【受け入れてくれるノート、モレスキン】


いろんな楽しみ方が出来る。

シンプルで自由度が高いのはモレスキンの魅力の一つだが、

かえって使い方に困惑してしまうと言う声は良く耳にする。

そんな時こそ案外モレスキンの懐の深さに身をゆだねてみると上手く行くような気がする。

絵を描いても、写真を貼っても、文字を書き連ねても、しっかりと自分自身を受け止めてくれる。



ノートや手帳の使い方は本当に十人十色で、これが正解とか間違いってのは無いと思う。

しかし、合う・合わないや、楽しい・楽しくないはある。

自分にフィットする使い方が見つかった時は本当に面白く楽しい。



「それが見つからないから大変・・・」と言う意見もあると思う。

うん、確かに。

しかし、いきなりスコ~ンっとフィットする使い方が閃くのも稀と言えば稀だ。



僕の場合、カチコチにあれはダメ、こうしなきゃで締め付けると、

うまくフィットしない隙間、溝(これらは精神的なもの)を受け入れられなくなることがあった。

そこで力をふっと抜いたときに、その隙間が埋まる感覚を知ったのは大きかった。

「試行錯誤も楽しんじゃおう」と思えるようになってから、リラックスした使い方が出来るようになった。




【まとめ】


ほぼ日については全く触れず・・・だったのは使ったことがなくて分からないから。

使ってみたいと思いつつ、なかなか手を出せずに時間だけが過ぎている。

あのハリスツィードのカバーのやつとかいいよねぇ・・・

とはいえ、今はモレスキンの使い心地がフィットしているため、しばらくはこのままかも?



心地よいノート・手帳との出会いは大げさではなくて、恋人探しのそれと似ている。

振って振られてどんと来い、で、めげずに最高のパートナーを見つける感じ。

気持ちを入れていくと、巡り巡って自分に良い影響が出てくる、そんなとこも似ている。

だからこそ、ノートと向き合う時間も愛おしく楽しく過ごせるのかもしれない。



ほぼ日派もモレスキン派も、より良い手帳ライフを楽しんでいきましょっ!

« catrip ~ねこめぐり~ 久々の撮影 | トップページ | 2015 あけました »

notebookers.jp」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

モレスキン」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

糖尿病」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/60780149

この記事へのトラックバック一覧です: ほぼ日手帳 VS. モレスキン AERA12/15日号:

« catrip ~ねこめぐり~ 久々の撮影 | トップページ | 2015 あけました »