おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« 気になるカメラバッグ【マインドシフトギア ローテーション180 パノラマ】 | トップページ | 偶然目にした生命の輝きに心洗われる »

2014年7月29日 (火)

復活の狼煙

今日はちょっとした記念日。

いつも思い出すのは
4年前の出来事だ。



盲腸で発覚した糖尿病、そこからの生活習慣の改善とダイエット・・・

ライフスタイルの変化に伴い、積極的に外に出るようになった。

友人や趣味に広がりが生まれ、新たな自分を発見することが出来た。



「生きていれば何かしらいいことが・・・」

この言葉でいまだに自分を騙して、なだめすかしてはいるものの、

あながち間違いじゃないのかなと思えるようにもなってきた。



それでも・・・

ここ2年くらいは何だか精神的に不安定な日が増えてしまっている。

色々考えてみると、運動量が減り、食事の管理がずさんになったのがその頃から。

同じ石に2度躓く訳にはいかない、ここは原点回帰をすることにした。





【まずは運動量の確保】


つくばマラソン10kmにエントリーしたことで練習するようになったのは好材料。

今はスロージョグから身体を慣らしているところだ。

そして最近始めたiPhoneアプリingressが追い風になり、ウォーキングが全く苦ではなくなった。




ingressは陣取り合戦みたいなゲーム。

Img_5136

地図上に表示される自陣をつないで、広げて、勢力を拡大していく。

時には敵陣を攻撃することも必要となる。

その陣地は速いスピードで通過しながらだと攻守がうまく行かない仕組み。

歩いたりして近くまで(40m圏内)行かないと認識してくれない。



ゲームを楽しむため、必然的にどんどん歩くようになった。


やりこんでいる人に比べたら全然距離は少ないが、今月中にウォーキングだけで
100kmは超えそうだ。

ほんの少しだけお腹周りがラクになった気がする。



ちなみにガチ勢と呼ばれる熟練者の方たちは1日10km歩くのがデフォ、とのこと。

ダイエットに成功している人がとても多いらしい。





【食事の記録をしっかりつける】


どのくらい食べて、どのくらい消費したか。

この収支のバランスを適切にしないとダイエットは成功しない。

今までちゃんとやっていたのに、馴れからの「何とかなるや」で、リバウンドが始まったのは明らかだ。


Img_50252

食事の記録、運動の記録をしっかりとモレスキンに記載してレビューをする。

継続が途絶えたことでの失敗。ここは地道にやり直して行こう。




【ノートタイムが増えると気持ちが落ち着く】

記録を再開したことで、精神的に落ち着いてきた。

自分を振り返ることが出来ると言うだけでなく、結果的に好きな事をする時間が増えたからなのだと思う。

ノートに集中している間は余計な事を考えない為、心がぐらつかない。

やっぱり僕にとっては必要な時間なのだと再確認できた。





【まとめ】

継続するのは難しい。

でも、失敗したからと完全に辞めてしまったり、やり方をこねくり回すのではなく、

ちょっとねじを巻き戻して、まずは成功体験をトレースするのがいいかもしれない。



やったことがある分、感覚をつかみやすいし、リハビリにもいい。

そしてその中から、新たな発見などがあれば応用を重ねて行けば、さらに自分を高めることが出来るはずだ。



さぁ、復活の狼煙あげていこう!

« 気になるカメラバッグ【マインドシフトギア ローテーション180 パノラマ】 | トップページ | 偶然目にした生命の輝きに心洗われる »

notebookers.jp」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ダイエット」カテゴリの記事

モレスキン」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

糖尿病」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/60063467

この記事へのトラックバック一覧です: 復活の狼煙:

« 気になるカメラバッグ【マインドシフトギア ローテーション180 パノラマ】 | トップページ | 偶然目にした生命の輝きに心洗われる »