おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« つくばマラソン10kmにエントリーした!(Road to つくばマラソン①) | トップページ | 復活の狼煙 »

2014年7月15日 (火)

気になるカメラバッグ【マインドシフトギア ローテーション180 パノラマ】

こうしようか、ああしようか。

使うシチュエーションを想像しながら、欲しいものを物色する時間が大好きだ。

最近はカメラバッグの事を考える時間が増えてしまっている・・・


前々回の記事「やっぱり来たよ、カメラバッグ沼」を書いた後も、

出かけた際には欲しいカメラバッグを店頭で確認しているが、

先日ちょっとしたアイディア商品を見つけて感動してしまった。




【MindShiftGEAR(マインドシフトギア) ローテーション180パノラマ 】

Mindshift_panorama_tahoe_blue

ヨドバシカメラの通販サイトで目にして、機会があったら現物を見てみようと思っていたバッグ。

耳になじみのないブランドだったが、不思議と惹かれ気になって仕方がなかった。

考えてみたら、そこからさらにネットで検索すればよかったのだろうが、

何故かそれよりも自分の目で確かめてみたい気持ちが上回った。

実際に見て、触れて感じた事を以下で書いて行こうと思う。



【速写性と可搬、保護をバランスよくまとめた形】

このバッグのデザイン、するっとしていてゴテゴテじゃないところがまず好印象。

そしてなによりの特徴が、カメラ収納部がウエストバッグ(ベルトパック)になっていて、

且つバックパックの下部にするりと収まるようになっている。



しっかり保護しながらスムースに移動したいときはリュックと一体に。

撮影時にはクルッとベルトを回転させ、収納部を体の前に引き出してカメラを取り出せる。


Rotation180panoramaherobeltpackonbo
バッグの下部のぽっかり空いたスペースにベルトパックが収まる

こちらの動画を見るとそのギミックがより良くわかるかと。


もちろん、ベルトパックは常に出しておいても問題ないわけで。

これは、なかなか良く考えられているなぁと感心したが、調べて納得。

ロープロやシンクタンクフォトといった定評あるメーカーで実績を積んだクリエーター達によって創設されたブランドとのこと。




【撮影に必要な機能は十分揃っている】

実際に背負ってみたが、大きすぎず小さすぎずと言った感じだった。

ハーネスのフィット感もいい。(重量物を入れて歩いてみないとちゃんとは分からないが・・・)

カメラ以外の収納に関してはやや物足りなさも感じたが、日帰り容量と考えれば妥当だと思う。

野外で撮影する人にとって三脚をしっかり運べるのは助かると思うが、その点も抜かりない。


Rotation180panoramabeltpacktopopen

ベルトパックにはカメラ1台と交換レンズ、iPadなどのタブレット端末も入る(5.4L)



Rotation180panoramatopviewinsertper Rotation180panoramatoppocketpersona

着替え1~2枚と上着、携行食などはちゃんと入る容量(16.6L)



Rotation180panoramatripodsuspension Rotation180panoramafrontviewtripod
三脚の運搬。写真では2通りの紹介だったが、3通りの運搬方法があるらしい。
身体の横にぶら下げるには別売りのストラップが必要とのこと。




ゴテゴテしていない分、軽量なのも嬉しい。

背負って軽いと思ったが、なんとアルミフレームまで入って1,300gとのこと。

パッドやハーネスはしっかりした厚さがあったので、その点を考えてもこれは機動性が高そうなバッグ。





【ハイドレーションパックが使えるのは嬉しい】

もう1点気に入ったところがある。

それは・・・ハイドレーションパックに対応している事。



ハイドレーションパックはリュックなどに入れられるチューブ付きの水枕みたいな水筒。

モデルにより1.5~3Lの容量があり、ボトルよりはるかに多い水分を運べる。

これをリュックに入れられると、水分補給の心配は格段に減る。

一度使うと非常に便利なために手離せないのだ。

K1821707




前回欲しいカメラバッグとして挙げた3つのバッグ

THE NORTH FACE : TELLUS PHOTO 40


モンベル : フォトウォーカーパック 35

ハクバ : GW-ADVANCE PEAK25 バックパック

どれもが残念なことにハイドレーションパックに対応していない。



カメラの近くに水分は大敵なのかもしれないが、

アウトドア向きに多少ハードな使用も想定されるバックパックでこの機能がないのは残念。

収納容量を活かしてボトルを2本以上持っていくしかない。



その点、このローテーション180パノラマはしっかりと考えてある。

Rotation180panoramarightsidehydrati
こういうこだわりって結構グッとくるのよね。




【まとめ】

こだわりのある作りには惹かれたし、カメラバッグ然としていないところは所有欲をくすぐられる。

5月に発売されたばかりなので、使っている人もまだ少ないはず。

他の人とはちょっと違う個性的なバッグが欲しい人にもいいかもしれない。

アクティブに機動性を活かしてアウトドアでの撮影を楽しみたい人にはぴったりなバッグだと思う。

« つくばマラソン10kmにエントリーした!(Road to つくばマラソン①) | トップページ | 復活の狼煙 »

カメラ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/59984341

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるカメラバッグ【マインドシフトギア ローテーション180 パノラマ】:

« つくばマラソン10kmにエントリーした!(Road to つくばマラソン①) | トップページ | 復活の狼煙 »