おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« 第31回富里スイカロードレース 完走 | トップページ | つくばマラソン10kmにエントリーした!(Road to つくばマラソン①) »

2014年6月26日 (木)

やっぱり来たよ、カメラバッグ沼

カメラバッグにも沼があるらしい、昨年12月にはのんきな事を言っていた。

あれから半年、もはや「らしい」ではなく確信に変わった。

カメラバッグにも沼はあるw


ちょうど一年前、初めてのカメラバッグKATA DR-467DLを購入して、専用品の使い心地の良さに惚れた。

Kata


12月にはカメラバッグ然としていないデザインに射止められ、Incase DSLR スリングパックを手に入れた。

Incase1

それぞれ気に入っていて、現状の使用ではほぼ不満が無い。

しかし、やりたいことが増えると・・・ちょっとうまく行かない可能性もでてきた。




【5月の撮影旅行で新バッグ投入】

ゴールデンウィークに静岡へ撮影旅行に行った際はKATAをメインバッグにした。

ただ雨が降ると分かっていたので、カメラの出し入れは無理だと判断。

しかし荷物の量からリュックタイプは必要だし、撮影時や移動時はカメラを出しておきながらも、

保護はしないといけない。


理想としてはウエストバッグタイプか、軽量ショルダータイプのバッグを追加すること。

思案しながらカメラバッグ売り場へ行くと・・・

Img_37052

モンベルのこんなバッグを見つけた。

手に取ってあれこれ見て、即購入してしまった。



モンベル ライトフォトショルダーバッグM

ちなみにこちらは旧型タイプのもの、新しいのは中仕切りが付いたりしている。

以下、琴線に触れたポイント。

いやぁ書き出すと改めてなかなかのすぐれもの。



・シンプルかつカメラバッグ然としていない。

・薄手ながらクッション材が入っている。


・中仕切りはないものの、それが軽量性と柔軟性を生み身体にフィットする。


・ショルダーストラップは取り外し可能、パッドはエルゴデザイン。


・ウエストテープ(ベルト)が付いていて移動時の安定度高そう。


・パウダースカート付で耐候性も確保されてる感じ。


・価格が安い!2700円+税



以下、購入後に分かったこと。

・見た目よりものが入る(35mmレンズ付きD7000、17-70mm1本、surface RT、モレスキン2冊)

・思いのほかしっかりした撥水性。

・ストラップの細さからは想像できなかったフィット感の良さ。ウエストテープの効果高い。



撮影で行った奥大井湖上駅は初日が雨だったものの、

このバッグの撥水性にはホントに助けられた。

勿論雨ざらしにしたわけではなく、ビニールもかけてはおいたのだが、

ちょっとした際に雨に濡れてしまってもしっかりと水を弾いてくれた。

パウダースカートで容易に雨が侵入しない作りも効果を実感。



また、柔軟性があることでバッグが身体にしっかりフィットしてくれた。

これが上手く重さを分散させ、エルゴ形状のショルダーパッド、ウエストベルトと相まって

負担が軽くなったことも付け加えておきたい。



いやぁモンベルのギアは本当にコストパフォーマンス高い。

今回はサブバッグとしての使用だったものの、

お写んぽならIncaseよりもさらにお手軽に行けるだろう。

Img_40272




【またやりたいことが増えた】

今回の撮影旅行ではちょっとしたハイキング要素があったのだが、

これをきっかけに俄然山登りをやってみたくなってしまった。

背負っていったKATAにはウエストベルトが無く、林道をちょっと登坂した際、

腰の負担が大きかったのが気になった。



そうするとだ、少なくともリュックは登山用を新調したくなってくる

自転車用でも応用は利くが、容量や肩・腰回りのサポートがちょっと心もとない。



登山用リュックの機能性を持ち、かつカメラを安全に持ち運べるギアはないものか。

すぐに思いついたのはロープロだったが、高価なために手が出せない。

ちょっと色々調べてみた。




【候補は3つ】

カメラさえ入れなければ普通の登山用リュックとしても使えることを重視してセレクト。


THE NORTH FACE : TELLUS PHOTO 40
Nm61307_k

Nm61307_kb1
容量:40L(カメラ収納部10L)

寸法: H670×W295×D210

重量:2240g

価格:20,520円(税込)



少々重量はあるが、一番欲しいなと思うのはこれ。

ポケット豊富で使い勝手が良さそう。

実際に店頭で背負ってみたこともある。

サイドエントリ―でバッグを降ろさずともカメラが取り出せるのが嬉しい。

2気室タイプは外せない。




モンベル : フォトウォーカーパック 35

M_k_1123846_puid
容量:35L(カメラ収納部20L)

寸法:H610×W340×D160

重量:1300g

価格:15,984円(税込)



TNFよりちょいと小さく900g軽い、カメラは上部気室からの取り出しとなる。

デザインも色も好きだが、カメラの取り出しだけが少し手間か。




先述のショルダーバッグと組み合わせてもいいかもしれない。

ストラップを交換し、Dリングもしくはカラビナを使ってショルダーハーネスと連結させたら、

胸元からもカメラが取り出せるようになるかも。


そしてやっぱりコスパ良し!




ハクバ : GW-ADVANCE PEAK25 バックパック
4977187249965_00140_500
4977187249965_13140_500
容量:25L

寸法:H560×W280×D220

重量:1300g

価格:29,160円(税込)



背中にはドイターに似たベンチレーションシステムを搭載。

ショルダーハーネスにカメラストラップをひっかけるフックが付いていて、

首の負担を減らせるように工夫されている。

こちらもサイドエントリータイプ。

容量と価格を考えると割高かも・・・




【まとめ】

カメラも増えているし、それに合わせて収納できるバッグも増えている感じ・・・

用途に合うものを求めたらきりがないものの、やはりしっくりくると気持ちいい。

山に登って景色を撮影できる日が楽しみで仕方ない。



ひょっとしたら登山用カメラバッグを購入したら、DR-467DLは手離すかもしれない。

同じデザインでワンサイズ小さいDR-466DLあたりに買い替えたら使い分けもし易いだろうし。



カメラバッグ沼、とうとうこっちの畔にも立ってしまったようだw

ちなみに三脚沼はまだ見えもしない。

« 第31回富里スイカロードレース 完走 | トップページ | つくばマラソン10kmにエントリーした!(Road to つくばマラソン①) »

カメラ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/59880724

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり来たよ、カメラバッグ沼:

« 第31回富里スイカロードレース 完走 | トップページ | つくばマラソン10kmにエントリーした!(Road to つくばマラソン①) »