おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« 旅ノートを作った道具たち 筆記具編 | トップページ | 記録更新をジブン手帳に記す。 »

2014年2月 5日 (水)

旅ノートを作った道具たち カッター・はさみ編

道具って大事・・・

今回は特にそんなことを感じながらのノート作成だった。


写真や資料などの素材を貼ってキャプションを書く、ちょっとデコレーションを加える。

そういう一連の作業の中で素材の切りだしが思いのほか時間を占めた。


作業を開始したばかりのころは、

・ミドリ CLカッティングマット(B6サイズで薄く、ちょっとした写真の切り出しなどに便利)

・ミドリ CLミニカッター(とにかく小さい、しかも左右の利き手に対応できる仕組み)

・やおき工業 はさめるシザーズ(薄くて手帳に挟めるのに刃渡り長くて切りやすい!)

R01008992

いつも持ち歩いている、この3つを使用していた。

携帯に便利で、機能性も高くお気に入りの道具だが、がっつり切り貼りの作業をするとなると、

どうしても足りない部分が出てきてしまったのだ・・・


【携帯用のデメリット・・・】

素材として用意した写真はほぼお店プリント。

印画紙なので厚みがあり、中には分割プリント&シール加工のものも。

加えて、Googleマップを印刷したものを貼ったり、

風景印のカードはカットしたマステでデコレーションしながら貼った。



このように作業量が増えてくると、携帯用のデメリットが顔を出し始めた

握りにくさや安定感の少なさがストレスになり始めたのだ。

力を入れにくくて、1回では切れないとか、狙ったラインを外すとか・・・う~ん

あとカッティングマットもB6サイズだと、2L判から切り出す際に窮屈過ぎた。



【用途に合うもので作業効率UP】

カッターとハサミ、カッティングマットを新たに用意して、作業再開!

今回使用したのはこちら

R01009112

・サンスター文具 かどまる3

・フィスカース ペーパーエッジャー スタンプ


・プラス フィットカットカーブ プレミアムチタン

・スコッチ 
チタンコートカッター

・マークス ノック式カッター スクラップホリック

・オルファ カッターマットA4




R01009073 

チタンコートカッターは切れ味も抜群で、とても軽い力でカット出来て気持ちが良かった。

刃の剛性が高く感じたのは、チタンコートと言う文言のプラシーボ効果だろうか?

刃がぶれにくい気がしたのだが・・・



フィットカットカーブは噂通りの使いやすさ。

握りやすいグリップと、一定の角度を保つ刃先のおかげでまっすぐスパッと安定して切れた。

R01009192

一度使うと他のものにはちょっと戻れないかも・・・

このチタンブルーもお気に入り♡



ペーパーエッジャーは縁取りをデコるハサミ。2年ほど前から持っている。

今回は風景印のカードに貼るマステを切手の縁のようにカットするため使用した。

P23p243

R01009082

ここでちょっとひと工夫

マステをそのまま切ることは難しいので、一度ロディアに貼りつけてからカット

それを剥がしてカードの縁取りに使用した。

貼り剥がし可能なマステをカットする際にはこの方法が便利だ



曲線を切り抜いたりする、細かい作業はノック式カッターの出番だ。

デザインナイフっぽく使える。

R01009162

刃先が収納されていると、ペンにしか見えないが、ノックボタンを押すと

カチリと鋭い刃が出てくる。

クリップの部分にあるボタンを押すと、シャキンっと収納されるw

僕のペンケース常駐組の1本。

これ、旅屋さんで取り扱っているので気になる方はどうぞ~。




写真の角を仕上げる際には、かどまる頼み。

P35p362

意外とカットするときのパッチンって音が大きい・・・

スタバで盛大に響いてちょっとびっくりした(苦笑)



【まとめ】

切ると言う作業ひとつとっても、1本のカッター、ハサミで出来ることの範囲が大きく違う。

最初に携帯用で進めた作業は、その適応範囲の狭さにぶつかった感じだ。

縁の下の力持ち的なカッターマットも、大きいものだとしっかりと力が逃げないし、

端を気にせずに安心して切れた。

使用用途に見合った道具を使ったことで、一気に作業がはかどったのは言うまでもない。



これからも使っていくものだし、今回はちょっといい買い物が出来たように思う。

ちょっとの投資で気持ちよく使える、楽しくなるってのは文房具の魅力だと、改めて感じた。

« 旅ノートを作った道具たち 筆記具編 | トップページ | 記録更新をジブン手帳に記す。 »

notebookers.jp」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/59075541

この記事へのトラックバック一覧です: 旅ノートを作った道具たち カッター・はさみ編:

« 旅ノートを作った道具たち 筆記具編 | トップページ | 記録更新をジブン手帳に記す。 »