おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« レンズ沼の畔に立ちました。 | トップページ | 第3回ディズニーモレミ  その① 熱さ忘れる楽しさでヒャーハー! »

2013年7月 3日 (水)

これイイよ!! カメラバッグ購入 KATA DR-467 DL 

むむむ、と数日悩んだ。

いてもたってもいられず、色々試してすっきりした。

今日はカメラバッグ購入のお話。

ようやく買ったのがこちら KATA DR-467 DL


Kata





購入までは思いのほか時間がかかった。

これまで専用のカメラバッグを持ったことがなく、

手持ちのTIMBUK2やArro22にインナークッションを入れて使ってきた。

しかし最近、収納時の容量や整理、取り出す時の煩雑さに少しずつ不満が溜まりだした・・・



やはり餅は餅屋、ちゃんとしたのを買おうと決めたのだが・・・

なかなかどうして要求を満たすカメラバッグが見つからない。



求めていたバッグはこんな感じ。

デザイン

・角ばっていかにもカメラバッグ然としていないもの


容量

・カメラボディが2つ入る

・50mm F1.2、17-70mmF2.8-4、28-300mm F3.5-6.3の3本が入り、 将来的には70-200 F2.8あたりが入ると嬉しい。

・PC11~15inch、GRDⅣ、Polaroid Z2300 が入る。

・モレスキンポケットサイズ×2、ラージサイズ×1 or トラベラーズノート×1や筆記具が入る。

・サーモスのボトル、モバイルバッテリー、電源コード&チャージャー類が入る。



機能など

・バックパックタイプなら2気室、機材と普段の荷物をすぐに出せる。

・ショルダーバッグタイプならストラップのクッションが可動式かホールド性に優れたもの。
 でもショルダー買うならTIMBUK2で十分かな・・・

・ストラップを完全に肩から外すことなく機材にアクセスできる。




上記条件をほぼ満たすのがLowproのDSLRビデオファストパック250

Lawpro_4   

やや大柄なデザインで踏み切れない。それ以外は理想に近い。

大は小を兼ねるで、容量はしっかりあるから良しとするか?




デザインで気に入ったのはKATAのDR-467 DL

すっきりした感じなのにちゃんと2気室構造。しかも実売は1万円を切るプライス。

ただロープロのようにサイドアクセスじゃないので

ストラップを肩から完全に外して持ち直さないと機材が取れない?



パッと見の大きささえ目をつぶればLowproなんだが・・・

と、下調べしつつ、実際に荷物を入れてみないことにはわからん!と、

仕事に行く時の持ち物とカメラ&レンズをお店に持参してこの2点のバッグに詰め込んでみた。




ちなみに内訳はこんな感じになる。

撮影用機材

Nikon D7000(SIGMA C 17-70mm F2.8-4 MACRO OS HSM 付)、GRD4、Polaroid Z2300

TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO Model A20、

Nikon Ai-s NIKKOR 50mm F1.2

BLACKRAPID R-7ストラップ、コンデジ用ゴリラポッド


Img_7609



ノート&文房具

デルフォニクスのインナーバッグ(モレスキンポケットサイズ×3、ジブン手帳、携帯カッティングボード)、

A4ドキュメントケース、LAMYペンケース、ペンケース代わりの巾着、

ミニ色鉛筆12色&日付スタンプなどが入ったポーチ


R00992512

その他

イヤホン、モバイルバッテリー2本、4口タップ、iPhone用ACアダプタ、

WiFiルーター、WiFiメモリーカードリーダー(AirStash)、メモリーカードケース、

保冷ボトル473ml、折り畳み傘、財布




これらは休日に持ち歩くのよりやや多いくらいの量になる。



Lowpro DSLRビデオファストパック250 から・・・

サイズ

外寸       横330 高さ475 奥行250
機材収納部   横260 高さ245 奥行140

重量1800g



下部にあるメインの機材収納部の容量はたっぷり。特に不満無し。

上の収納部、ここが意外だった。

外からの見た目は結構大きく見えたのだが、撮影機材以外のものはぎりぎり入ったという感じ。

僕の持ち物だと余裕が少し足りなかった。

あとでカタログの寸法を見るとKATAより少しだけ小さかった。




続いてKATA DR-467 DL

サイズ

外寸       横350 高さ480 奥行270
機材収納部   横330 高さ190 奥行150

重量1170g



こちらの機材収納部も余裕たっぷり。

持ってきた撮影用機材に加え、レンズ2本を追加で入れても大丈夫。

(帰宅してから、実際にレンズ2本を加え、更にF100のボディを入れてみたが問題なしだった。)

びっくりしたのは上部の収納スペース。

Lowproのように内部ポケットがほとんどないため、整理して入れる感じではないが

撮影機材以外のものはすべて余裕をもって入ってしまった。

普段の持ち物に加え、ポメラとレギュラーサイズのトラベラーズノートもカバー付きで入りそうだ。

R0099243


Img_7610


この収納力が決めてとなり、こちらのモデルを購入した次第。

懸念していた機材の取り出しだが、実際にレンズを入れてやってみたところ

思ったほどの不具合もなかった。




がっつり荷物が入っていても見た目はこんな感じですっきりと見えるところもいい。

Img_7621

ウエストベルトがないので少し気になったが、安定性はまずまず。

ショルダーベルトは適度にやわらかく肩の負担を減らしてくれる。

フィッティングも上々だ。

なにより軽いのもうれしい。(Lowproより700gも軽い)



ただベルト類の作りこみに関しては、Lowproの方が一日の長があるようだ。

アウトドアブランドLowalpineで培った技術があるだけに抜かりないなと思った。

その辺の作りの違いが重量差にも表れているのだろう。



それにしてもビデオカメラからスチルの世界に興味を持ったことを考えると、

ビデオカメラバッグで定評のあったKATAを選んだのは、ある意味僕らしい選択だと思う。



さて、新しいバッグとレンズも手に入ったことだし、あとは大いに楽しみ、技術を向上させて、

いい!と思える写真が一枚でも撮れるように頑張っていきたい。

« レンズ沼の畔に立ちました。 | トップページ | 第3回ディズニーモレミ  その① 熱さ忘れる楽しさでヒャーハー! »

カメラ」カテゴリの記事

ジブン手帳」カテゴリの記事

トラベラーズノート」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

モレスキン」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/57717155

この記事へのトラックバック一覧です: これイイよ!! カメラバッグ購入 KATA DR-467 DL :

« レンズ沼の畔に立ちました。 | トップページ | 第3回ディズニーモレミ  その① 熱さ忘れる楽しさでヒャーハー! »