おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« トラベラーズノートを愛でたあとは・・・さらに愛でるのだw | トップページ | ポケットの中の○○ »

2012年12月20日 (木)

モレスキンと仲間たちその④ (ポラロイドZ2300国内販売開始!)

みなさん、こんにちは
とむとむです。

今日はモレスキナー的に楽しいカメラの話題。

ようやくPolaroid Z2300の国内販売が開始されたようだ。
http://polaroidjapan.com/product/z2300/index.html

Poraloid_z23003


Polaroid Z2300は過去記事「モレスキンと仲間たち その②」でも紹介したPolaroid Two
後継機種にあたるカメラで、撮った写真をその場でプリントできるデジカメ。
現代版のインスタントカメラと言えるだろう。

↓こちらはPolaroid Two

 

前作のTwoとの大きな違いはこんな具合。

画素数
500万画素→1000万画素

デジタルズーム
4倍→6倍

連続プリント枚
20枚→25枚

プリント用紙(約5cm×7.6cm)
Zink Paper→Premium Zink Paper


分割プリント機能
なし→2,4,6分割写真生成

寸法(cm)
H7.6×W11.8×D3.65→H7.6×W11.8×D3.46(やや薄くなった)

重量(g)
285→264
外装に金属パーツも使っているのに、プラスチック然としていたTwoより軽い!

気になる価格は・・・
正規販売だと 19800円 あたりになるらしい!


これだとTwoと変わらない。
価格が据え置きで機能が良くなっているのはありがたい。

僕は我慢できず9月にアマゾンで並行輸入品を購入したのだが、その時は22000円くらいした。


3か月ほど使用しているが、Twoを使用していたころよりも使う頻度が高くなっている。

なんといってもバッテリーの持ちが良くなったのと、
専用プリント用紙のPremium Zink Paperの画質が向上したのが大きい。

ノーマルタイプのZink Paperはぼやっとした質感で、ある意味ポラロイドっぽい
レトロ調の雰囲気があるのだが、プレミアムタイプはインスタントながら
思った以上に諧調が鮮やかに出力される。

トイデジっぽさを出したいならノーマルタイプの方が面白い。

Img_31662_2
 左がノーマル       右がプレミアム

難を言えば、プレミアムタイプの用紙の値段が50枚で3400円くらいと
結構いい値段がすること。

ただこれは並行輸入品しか買えなかった時の値段なので、
正規販売となれば求めやすくはなると思う。
調べてみると、どうやら10枚×3セットが1680円で販売されるようだ。

このプリント用紙も裏面がシールとなっているので、

撮る→プリント→ノートに貼る!

と言う記録作業がその場で出来てしまうのが本当に楽しい。

先日ノートブック好きな面々で集まった忘年会や、トラベラーズノートを愛でる会でも
撮った写真をその場でノートに貼ったり、参加者の方に配ったりと大活躍してくれた。

Img_32832
なまはげ忘年会での一コマ
なまはげからサインもらって写真撮ってぺたり
みんなで撮った記念写真は参加者にプリントして配布

Img_3539
トラベラーズノートを愛でる会のあと・・・
その日のまとめで帰り道にぺたり。
愛でる会では猫写真を欲しい方にプリント。

このフォトペーパーのサイズがモレスキンのポケットサイズにちょうどいいのが嬉しい。
タイムラグなしに、書きたい!と思ったノートへの記録に彩りを添えてくれる。

喜びや楽しみの瞬間をぎゅっと閉じ込めて、素敵な仲間とすぐに共有できるのも気に入っている。

ちなみに僕の場合はこのカメラはもっぱらプリンター的な使い方が多い。
GRDⅣで撮ったSDカードを、Z2300で読み込んで出力と言うパターンだ。
マクロは1cmまで寄れるし、画角も広い、気に入った写真が撮りやすいのは
間違いなくGRD。

Z2300は1000万画素とTwoよりかなり画質は向上しているが、
レンズはピンホールカメラのようなものでAFは付いていない。
でも・・・F値は2.8あるので画像データをPCの画面で見るだけなら
意外と綺麗だったりする。

↓Z2300で撮影したもの昼間はばっちり

Pict00152  

夜も思ったより綺麗に撮れますよ。

Pict00582

カメラ2個は多少荷物にはなるが、GRDⅣがコンパクトなのでまだ助かっている。
ただ、この使い方だとZ2300の編集機能などは使用が出来ないので注意が必要だ。
カラーの調整や、トリミング、フレームの選択などが出来なくなってしまう。
ここは画質をとるか、面白さをとるかと言ったところだろうか。

先日購入したデジイチのD7000もメディアはSDカードなので、
今度プリントが出来るか実験してみたいと思う。

カメラとしても、またプリンターとしてもノートや手帳への記録のお供にもってこいの
Polaroid Z2300 クリスマスプレゼントにいかが?

Img_31652

ではでは、今日はこの辺で
とむとむでした。

« トラベラーズノートを愛でたあとは・・・さらに愛でるのだw | トップページ | ポケットの中の○○ »

カメラ」カテゴリの記事

モレスキン」カテゴリの記事

モレスキンミーティング」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/56352106

この記事へのトラックバック一覧です: モレスキンと仲間たちその④ (ポラロイドZ2300国内販売開始!):

« トラベラーズノートを愛でたあとは・・・さらに愛でるのだw | トップページ | ポケットの中の○○ »