おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« 関東モレミ忘年会 追記 | トップページ | 3つ目の誕生日。 »

2011年12月14日 (水)

撮ること、記録すること

へたっぴだけど写真が好き。
理論とか決まり事とか全然知らないけど、シャッター押すのが好き。

昨日、念願のリコー GRDⅣを買ってしまったw
今日のお昼に試し撮りしてみたけど、もうすでにぞっこんになりそう。

C5d4fb7e257911e1abb01231381b65e3_7 R00100692
R00100682 R00100702


何かを撮影するということに興味を惹かれたのは、高校生ぐらいのころからだろうか。
同級生がキャノンのEOSを持っていたのが羨ましくて、その憧れが最初だったと思う。

当時ミノルタから発売されたα7xiを本気で買おうと貯金を始めたのを覚えている。
そのお金が紆余曲折?を経て、一番最初のスポーツバイクに化けたのは懐かしい話。

父親の愛機 Nikon FE2を借りて地元で開催のモータースポーツイベントに行ったのが
一眼レフデビューだった。

目の前を走るF1マシンに夢中でシャッター切ったっけ。200mmじゃさして大きくは撮れなかったけどw
キャンギャルのおねいさんのハイレグにクラクラしながらバシバシ撮ったのもいい思い出。
あ、この時のおねいさんの写真は大学に入った時に結構評判よかったっけ。

こんなのがベースにあって
進学した大学で入部したのが「映像放送研究部」 ありていに言えばビデオサークル。

ここで思わぬ発見に出会う。

部長の先輩から、新入部員に一台ずつビデオカメラ(パナソニックのブレンビー)が手渡され、
「なんでもいいからとりあえず撮影してきて、みんなで見るから」

実家にもビデオカメラがあったのでちょっと得意げに撮ったけど評価は散々。

「構図がなってない。カットが長すぎる、だるい」

そら入部した日に構図も何も知らんがな!と思ったけど、
「まぁ構図はいいや、とにかく短めに撮影してまた戻って。つぎはテーマ決めよう。好きなものね」

ここでスイッチが入った。

買って間もないMTBをカーグラフィックTVをイメージしながらバンバン撮ってみた。
好きなものに異常なまで執着する性質は今も治っていないw

このビデオを部長から「いいね!」と褒めてもらえたところから、撮影することにどんどん魅せられていった。


ビデオは構図や光に加え、パンやズームなどの動きが加わる。
表現の幅はあるが、組み合わせを間違うと見られたものではない。
特にありがちな、長回しに手振れ、ズームインとアウトの繰り返しなんかやった日には
車酔い並みに頭がぐるぐるする。

人間の普段の視点は動画、ストップモーションではない。
時間の流れを表現、記録するのがビデオの醍醐味だと思う。


ビデオからスチルカメラに戻ったのは社会人になってしばらくしてから。

今の職場に転職する直前くらいなので、8年前あたり。
パナソニックのデジカメFZ1を購入したのがきっかけに。
当時としても決して画素数の多くない200万画素だったが、全域f2.8と言う明るいレンズでそこそこ綺麗に楽しめた。

Photo P1000149 P1000253 P10002514

この次に購入したのがミノルタのディマージュx
自転車で出かけるときにジャージのポケットに入るサイズで選んだ気がする。
こちらは320万画素機だった。

Photo_2


このあとはこの2台のカメラの調子が悪くなりデジカメはケータイで代用するようにw
とは言っても、ケータイのほうが画素数多くてはるかに綺麗に映るようになっていったのだが。。。


だがしばらくすると、うずうずしてしまいどうしてもちゃんとしたカメラが欲しくなった。


そこで、父親にFE2を使っているか聞くと、最近はデジカメばかりで使っていないと言うではないか。
頼んでみると意外とあっさり、「使ってくれるならいいよ」と譲り受けることに。

011

ただし、父親の保管状態が最悪でレンズは全てカビ玉だったので
自分で中古屋を回って買いそろえた形。
Aiニッコールの50mm f1.2がメインレンズだ。

Fh010028 Fh010022

ちなみに上の猫の写真は職場でのバザーみたいな催しの時に買ってくれた人がいた。

たまには200mm付けて自転車も撮ってみたり

Raizou_2


記憶に新しいところではこんなものも、僕のカメラの仲間入りをしている。
モレスキンミーティングで大活躍の憎いやつw
ポラロイドtwo

関連記事はこちら

0802


撮った写真をスグに出力できて、ぺたりんことできるこの機動性はモレスキナーには捨てがたいw
モレミの時には撮った写真をその場でみんなに分けたり出来るのでホントに助かっている。


話は戻るも、そうしてこんなカメラ遍歴に新たな一ページを刻んでくれる新しい相棒が
GRDⅣとなる。

スチルカメラの魅力は、瞬間を閉じ込めること。時間を切り取ること。
シンプルなカメラであればあるほど誤魔化しがきかない。
その分、ありのままも表現できるのかもしれない。
自己表現に関心が高まっている僕はその面白さを感じてみたいと思った。

モレスキンへの記録とも通じる部分がある。
ただしページを数ページめくれば動画、そのページだけならフィルムといった感覚が僕にはある。

モレスキナーの仲間から「ホントにいいよ」とおすすめされ、実際にシャッターも押させていただいた上での今回のキヨミズダイブw

まだまだ買ったばかりだけれど、iPhoneと同じ大きさにまず驚き!
そして、このコンパクトさでf1.9の明るいレンズ、1cmまで寄れるマクロは
室内で文房具や食べ物の写真なんかを撮る機会の増えた僕にはぴったりだと思う。

E343eeda258411e19e4a12313813ffc0_7

評判のいいホールド感、スイッチ類の節度ある操作感。
触れる部分の作りのしっかりしたところにも本当に惚れてしまった。
これはいいものだ。。。

GRユーザーのモレスキナーで撮影モレミをしたいという願いもこれで叶うw
モレスキンGR部の皆様、あらためまして、今後ともよろしくお願いします。

好きなものにはハマりこんでいくのは先にも書いた通り。
新たな相棒との相乗効果で、モレスキンへの記録も美しい写真とともに彩られることだろう。

881bd632258211e180c9123138016265_7

« 関東モレミ忘年会 追記 | トップページ | 3つ目の誕生日。 »

モレスキン」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/53484212

この記事へのトラックバック一覧です: 撮ること、記録すること:

« 関東モレミ忘年会 追記 | トップページ | 3つ目の誕生日。 »