おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« 不動峠に散る | トップページ | TDLで1人モレミ?その① »

2011年11月30日 (水)

青山でモレスキン王子とハグの巻

去る11月26日(土)待ちに待った西のプリンスがやってきた。
一部?のモレスキナーから我が子や、弟のように可愛がられている彼の名は
ぎだくん(ほかにもぎだっち、ぎだどぅん、犠打、笑顔王子、モレスキン王子と呼び名は多数!)
ぴっちぴちの大学生だ。

神戸から上京したぎだくんを迎えるべく、彼を慕う関東のモレスキナー有志で集まり、プチモレミを開催。
今回のメンバーはぎだくん、なおさん、なかじぃさん、げんさん、たかさん、僕の6名。

待ち合わせ場所に現れたぎだくんに皆すぐにメロメロw
本当に笑顔が素敵で素直で可愛くって、人懐っこいのに礼儀正しい超好青年でイケメソw
褒めすぎ?いやいやそんなことはない。

なおさんが用事があってわずかな時間しか会えなかったけれど、ぎだくんもなおさんも
会えたことをすっごく喜んでいて、みんなもその嬉しさを共有できてすごくいい雰囲気だった。

初めて会ったのに、全然初めてって感覚がなかった。
ぎだくんも言っていたけれど、知り合いに久し振りにあったのとすごく似た感覚。
Twitterを通して知り合った人と会ったときにはこの感じってとても多い気がする。

今回のプチモレミは、神宮の銀杏並木が見える Royal Garden Cafe 青山 にて。

Img_35232_2 Img_35222

Img_35252 Img_35262

Img_35292

控えめだけど、モレスキンタワーもやったし、ぎだくんとマイモレスキンへのメッセージ交換も。

メッセージ交換の時にはデコレーションのための文具やらが僕らのテーブルを占拠して、
「なんだかおしゃれカフェのテーブルも作業机みたい・・・」なんてことになってしまったりw

初めて見せてもらったぎだくんのモレスキンは楽しみがいっぱい詰まってる印象。
いい意味で若く、きらきらきらきらしていた。
ライフログも取っているとのことで、ルーズな僕には見習うべき点も。

再確認したのはノートへの記録も「楽しい!」ってことを最優先したほうがいいってこと。
嫌なことがあっても書く行為自体に楽しみを感じて綴るということをもっと意識したいと思った。

以前、モレスキンカウボーイのタカヤさんが書いた記事で、

「モレスキンに記録していくと、そこには自分そのものが収められることになる。
自分の好きなものや大切なもの。
長い時間と共に書き込まれたノートは、自分の個性そのものである。」


と、いうものがあったけど、自分のノートに愛着がわき、そこに記録された自分自身を再確認して、
「なんだ案外いいやつじゃないか」と、自分に惚れていってると言うのが最近の僕。

本来であれば自分を認めているからこそ、これが好きなものだ!と表現できるのかもしれないけど、
僕の場合は、ノートを通してあとから好きなもの、大切な存在に気づかされた感じ。
もし記録することがなければ今は、どんな過ごし方をしていたのだろう・・・

ぎだくんのノートも、彼の好きなもので埋め尽くされていた。

みんな彼の笑顔と雰囲気にニコニコしっぱなしだった。
隣同士で話しているさまは、「兄弟みたいだね」なんて言われるくらいに打ち解けて、
ほんとに楽しくて穏やかな時間を過ごすことが出来た。

一冊のノートを通じて、こんなにも多くの人とのつながりが生まれる日が来るなんて、
モレスキンを初めて手にした時には全く想像がつかなかった。

今回もモレミについての情報交換もしたけれど、次はやっぱりこっちから、熱気あふれる関西のモレスキナーに会いに行く番だ。
関西のみなさん、待っていてくださいね!必ず行きます!

楽しい時間が過ぎるのはあっという間だ。
なんだか意味もなく落ち込むことも多い僕だけれど、人生楽しんだもの勝ちと言うのもやっと最近感じられるようになってきた。

モレスキンへの記録は自分が主役になるために、自ら台本を書いているのと同じことのなのかもしれない。
はたしてどんな作品が出来上がるのか・・・

喜怒哀楽 人生劇場 モレスキン

« 不動峠に散る | トップページ | TDLで1人モレミ?その① »

モレスキン」カテゴリの記事

モレスキンミーティング」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/53371881

この記事へのトラックバック一覧です: 青山でモレスキン王子とハグの巻:

« 不動峠に散る | トップページ | TDLで1人モレミ?その① »