おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« 夜行列車とモレスキン(讃岐うどんライド その①) | トップページ | 大人の文房具 »

2011年9月 1日 (木)

うまいウマイ旨い美味い、超美味い!!(讃岐うどんライド その②)

前回からの続き・・・

8/22(月)8:30 先輩が坂出に到着、合流。いよいよ讃岐うどんライドのスタートだ。

先輩は前日に愛媛県で行われた中島トライアスロンに参加、千葉から帰省の際には憧れの「しまなみ海道」もサイクリングしており、この夏休みは僕なんかよりもずっとバイクライフが充実しているw

058
「バイクを組み立ていざ出発」

まず向かう先は坂出の名店「なかむらうどん」
駅前でルートを確認していると、観光協会のおじさんがサイクリングマップをくれた。
これがなかなか優れた地図で、自転車の乗り入れができないところや、観光名所、
もちろんうどん屋さんの所在地まで詳しく記されている。

消費カロリーがうどん○杯と表記されていたのは洒落も効いていてウケたw

067
「役立ったサイクリングマップ」

駅から7.1km、讃岐富士に見守られながらあっという間に「なかむらうどん」に。
さっそく行列ができている。

059  060_2
「なかむらうどん この価格にはびっくり!」

先輩の話だと、午前中で売り切れになってしまうのだそうだ。
ちょうどフォロワーさんからも、讃岐うどんめぐりは午前中に済ませた方がいいですよとの情報を頂く。

それも納得。次から次へとお客さんがやってくる。
回転は速い速い、店内に入るとセルフサービス式のテレビで見たまんまの光景が。

0632 0622
「おいしいお水をじゃんじゃん使うのもポイント?」

ちょうど自分の前でうどんがなくなってしまったので茹で上がりを待つことに。
それでもそんなに待たされることなく、お目当てにありつけた。

先輩は温かけうどん、僕は冷かけうどん。
これから件数をこなすために、トッピングは薬味のみ
シンプルかつ、お店によって違う、うどんの味を楽しむにはこれがベスト。

0642
「冷かけうどん150円なり。信じられない美味さ!」

一軒目からびっくり。とにかく美味しい。これで150円???
先輩に教えてもらったこのお店の特徴は「コシが強くない」こと
とは言え、普段職場の食堂で食べるうどんなんかよりもよっぽどしっかりしてるw
あっという間に食べ終えて2軒目へ出発。

次はここから12km先の「山越うどん」
釜玉うどんが美味で、こちらも行列店。
お店の近くまで行けば長い行列が目印になるくらいだとか。

聞けば映画「UDON」にも登場し、「水曜どうでしょう」でも必ず訪れる名店とのこと。いやがおうにも期待が高まるではないかっ!

30分そこらで到着。
しかし様子がおかしい・・・だぁれもいない・・・

066
「な、なんと臨時休業!」

残念なことにお休み・・・
ここの釜玉は絶品だと道中聞かされていた為に(´・ω・`)ショボーン
まぁこんなこともあるから旅は楽しw

気持ちを奮い起してw3軒目へ向かう。今度は16.5km先。
日差しが徐々に強くなっていく。
雨が降らなかったのは幸いだが、四国の日差しは噂通りでなかなか強い。
水がどんどんなくなっていく。

そろそろ補給かなぁってタイミングで着いたのが「あたりや」さん

このうどんライド、ちょうど喉が渇いたりお腹が落ち着いたあたりで次のお店に行けるのがなんともよかった。
エネルギーもミネラルも水分もうどんだけで補給できちゃうんだよねw
サイクリングとうどんの相性は抜群!!

070 068

「冷あつうどんを頂く」

「あたりや」さんでは冷あつうどんがオススメとのことで、迷わず注文。
冷あつは水で締めた冷たいうどんにあつあつのお出汁がかかっているもの。
一度締めただけあって、讃岐うどんのコシを堪能できる。
結構待つんだなぁと思っていたら、注文が入ってから麺を切ったりしている様子。
打ちたて、出来立てを頂けるなんて贅沢~!

本当にシンプルなかけうどんなのに、お店によって味が違う。
ここでも新鮮な感動を味わうことができた。

続いては10km先の「わら家(わらや)」さんへ。
目指すは屋島。
そう、あの那須与一の屋島、ヤシマ作戦の屋島だ!
ペダルを回しながら脳内iPodからはEVAのBGMが高らかにw
パン パン パカパン パパンパン パンパ~ン!

自転車通行禁止の屋島ドライブウェイの入り口にあるお店まではスコ~ンと上ってる。
すげぇ斜度と思い、登りながらデジカメで撮ったはいいが、
なんとカメラがケースに収まらずにみるみる失速、もう少しで立ちごけするぅ~!ってところでカメラが収まりダンシングで息を吹き返すw

お店は古民家のような作りで趣が。お店の名前の通り藁葺きの屋根だ。

073
「釜揚げうどん、でっかい徳利にはアッツアツのお出汁が!」

こちらのおすすめは釜揚げうどん。
写真の大きな徳利に入ったアッツアツのお出汁は、醤油が効いていて、汗をかいた身体に塩分が沁み渡るw

ボリュームがあったので、ちょっとお腹が苦しくなり始めたけどこちらもぺろりと平らげた。

さぁ、いよいよ最後のお店「うどん本陣山田家本店」へ。こちらは3.5km。
お腹がこなれるには距離が短いけど・・・

山田家さんへも、上りが待っていた。お、お腹が重い・・・

お店は立派な作りで、わら家さんとはまた違った風情が。
時間はちょうどお昼時、お客さんも多い。

077 079 
「建物は登録有形文化財に指定されている」

こちらのお勧めは「ぶっかけざるうどん」
結構お腹がいっぱいだったから心配だったのだけれど・・・

083
「絶品!ぶっかけざるうどん」

薬味を入れて、だし醤油かけて、すだちをキリッと絞ったらかき混ぜて
いっただきま~す!

085
「文句なしに美味い!!」


お腹いっぱいだったのに・・・食べられる!
こんなに美味しいうどんを食べたのは生まれて初めて!
麺のつや、コシ、のどごし、すべてが気持ち良い。
自分の持ってたうどんの物差しが完全に変わった瞬間だった。
本物の持つ力ってやつか、これが。やっぱりいいもんだよなぁ・・・

たったの560円ってのが信じられない。
先輩とも話したのだけど、この味なら都内だと700円とられてもお金出すよね。
下手すると1200円とられるかもしれないけど、これなら食べるよね。ってこと。

うどんめぐりのシメを飾るには最高の形で終えることができた。

うどんを満喫した僕らは、ちょいと高松観光を楽しむことに。
山田家さんから、軽くヒルクライムして八栗寺へ。
こちらは四国88カ所の一つ、軽く身が引き締まる思い。
ケーブルカーを使い山を登った先には、厳かな雰囲気のお寺が。

1122
「ケーブルカーはとってもレトロで可愛かった」

陳腐な表現かもしれないけど、まさにパワースポットという感じ。
僕の名前は、弘法大師の「弘」にあやかったと言う話を思い出す。余計に不思議な感覚になる。
ただ、その名前に込められた期待を裏切り続けているのではあるけれど・・・

0962
「八栗寺」

102
「八栗寺からの高松市街」

八栗寺の展望台から見渡す高松の景色はとても美しかった。
天気が曇っていたのが残念だったけれど、心が洗われる気分。

パワースポットで充電したら、いよいよ帰路へ。
ぐるっとサイクリングして温泉に浸かったら晩御飯が待ってるw

屋島周辺のアップダウンはスピード上げて上る練習にはうってつけなんじゃないか?と思うほど、いい道だった。
車は少なく、だらだらいい感じで登ってる。木々の切れ間からは海が見えて景色も申し分ない。

高松市街に入ってからは交通量が多く、さすがに思い通りに進まなかったりもあったが、無事目的地の温泉に到着。

117
「高松ぽかぽか温泉」

ここの値段にもびっくりした。天然温泉かけ流しで360円!!
さっぱりと汗を流したら、高松駅を目指す。

駅前広場の地下の駐輪場に自転車を止めたら。
いよいよ楽しみにしていた晩御飯へ。

高松では知らない人がいないと言われる、骨付鳥で有名な「一鶴」さん。
こちらも映画「UDON」に出ていたとのことで、先輩曰く、「絶対に美味いよ!」
ボリュームをみて一瞬いつもの節制のクセでたじろいだが、この日はたんぱく質ほとんど摂らずに、うどんだけだったので、スイッチを切り替えるw

「食うぞ!!!」

ひな鳥を注文。出てきた出てきた骨付鳥。

1252
「一鶴名物 骨付鳥」

ピリ辛に味付けされ、パリパリに焼かれた皮目は香ばしく、
ひな鳥特有の柔らかい肉は、かぶりつくと旨みのある肉汁があふれ出す。
じゅ、じゅわ~~~ん!

「う、うんめぇ~~~~~~~~~~~!」
二人して大興奮だったw
この日自分はノンアルコールビールで気分だけ味わったが、お酒好きの人にはたまらない味だと思う。

滴る油と肉汁はしっかりと皿で受け止める。
これにもちゃあんと楽しみが・・・

おにぎりとキャベツを浸して食べるのだ。

「こ、これも、うんめぇ~~~~~~~~~~~~!」

関東にも進出してほしいよね!なんて言ってたら、
お店の方から、横浜にも支店があることを教えてもらう。
もし、お近くの人がいたら是非!ほんとにオススメ!

大満足の夕食でお腹もいっぱい。

時計を見ると20:30になろうかというところ。
東京へ戻るサンライズ瀬戸号は21:30には出発。いそいそと準備をして高松駅へ。

131 132 
133
「さぁ、いよいよ東京へ」

電車が出発してからも、妙にテンションあがったまんまで、
ツイキャスでモレスキナーの方々とお話したりしてなかなか寝付けなかったけど
2:00前後にはさすがに疲れも出てきて、うとうと(-.-)zZ

伊豆方面の大雨で、50分近く電車が遅れるトラブルがあったものの
お昼前には自宅に到着~。

駆け足だった高松うどんライドもひとまずは終了。
あとは、この旅の記録をモレスキンに残す作業も残ってるw
これが終わって完全におしまいと言えるのかな?

旅を振り返りながらノートを書く面白さ、また新しい楽しみも見つけることができた。

今年はここ数年でも一番の、充実した夏休みが過ごせたと思う。

夜行列車の旅にはさらに興味が湧いた。
次は、北斗星で北海道への旅が出来たら最高だろうなぁ・・・

今回の坂出~高松の讃岐うどんライドでの移動データは
こちらをご参考に→: http://j.mp/nSjVuo

« 夜行列車とモレスキン(讃岐うどんライド その①) | トップページ | 大人の文房具 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/52621748

この記事へのトラックバック一覧です: うまいウマイ旨い美味い、超美味い!!(讃岐うどんライド その②):

« 夜行列車とモレスキン(讃岐うどんライド その①) | トップページ | 大人の文房具 »