おすすめ

photoback

Instagram

twitter

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

とむとむの猫写真サイト

無料ブログはココログ

*

« モレスキンとiPhone | トップページ | 定例 筑波練習 »

2011年3月12日 (土)

こんなことになるなんて

東北地方太平洋沖地震

一夜明け、被害の状況が刻々と知らされるたびに、現実とは思えない光景が目に飛び込んでくる。
ただただ、一刻も早い救助を願うばかり。被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

昨日の震災発生時、僕は仕事で茨城県の石岡市にいた。
営業先を後にし、近くのコインパーキングに停めた車に鞄を入れた瞬間に揺れを感じた。
それこそ最初は「あれ?地震?」程度だったが、揺れが収まらず、むしろどんどん強くなり
止まらない・・・

電線はブラブラと長縄のように大きく揺れ、目の前の家屋はねじれるような動きを見せる。
窓枠が外れ、ブロック塀が音を立てて崩れていった。自転車も将棋倒し。

311

3112

3113

311_2

311_3

もう立っているのやっとだった。こんな地震は初めての経験。
それもそのはずだ、国内観測史上最大のM8.8だったというのだから。

パーキングのゲートは停電で開かず・・・で、出られない。
セキュリティに連絡をつけようにもなかなかつながらない。
30分ほどしてようやく連絡できて、ゲートを壊して出てくださいとの指示。
二人がかりでゲートの棒を折り、なんとか出庫。
一路職場のある千葉へ向かう。

いきなり通行止めを目にする。どうやら液状化現象が起きていたらしい。
常磐道も通行止め、国道6号をひた走ることに。
信号機は停電で真っ暗、交差点はどこもかしこも混雑。
石岡から土浦までは停電だったように思う。

ソフトバンクの携帯はまったくつながらない、
地震の直後にauユーザーの妹には連絡が取れほっと一安心。
マンションの13階は激しく揺れ、家の中はぐちゃぐちゃになったのだとか。
子供二人を連れて本当に怖い思いをしたという。

職場に連絡を試みるもまったくだめ、ふとツィッターだけは大丈夫なのに気付き、
ネット経由なら何とかなると思い、Gmail経由で職場に安否確認メールを送る。
ポケットWi-fiを持っていて本当に良かった。ラジオとツイッターが情報源だった。
地元の友人やフォロワーさんからも、ツイッター経由で安否確認と励ましのメッセージが届きどれだけ心強かったことか。

片道50kmの道のりは全く進まず大渋滞。
途中、災害派遣で福島県に向かう大宮の自衛隊の化学防護隊とすれ違う。
頑張って!頼む!と言う思いがこみ上げる。
牛久までなんとかたどり着き、守谷を経由して職場へ。
帰社したのは深夜1:30 なんだかんだ10時間!!
本当にヘロヘロになった。

職場に着いて床に入っても、背中で感じる余震で寝付けない。
昼間の恐怖が蘇る。地震でこんなに怖い思いしたことがない。

でも、この程度のことで気が滅入ってる場合じゃない。
帰宅が困難になっただけで帰る家がなくなった訳ではないのだから。
被災地では住む家もなにもかも失った方々が大勢いる。
今朝のニュースの映像を見て涙がこぼれ、震えが止まらなかった。

本当に本当に、一刻も早い被災者の方々への支援を望んでやみません。
皆で力を合わせて、この困難を乗り切っていきましょう。

« モレスキンとiPhone | トップページ | 定例 筑波練習 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146294/51099033

この記事へのトラックバック一覧です: こんなことになるなんて:

« モレスキンとiPhone | トップページ | 定例 筑波練習 »